中小企業総合展 2011 in Kansai

 5月25~27日の3日間大阪のインテックス大阪で行われました【中小企業総合展2011 in Kansai】には、雨が振ったり止んだりの落ち着かない天気の中を大勢の皆様のご来場を頂き、本当に有難うございました。また、後日になってから多くの皆様からメールを頂きました。心より感謝申し上げます。11月に実施した時とは違って、初めての関西進出の観は無く、皆様とのコミュニケーションが図れたのではないかな、と思っております。本当に、感謝・感謝です。

 官・民(一般の方、専門屋を含めて)の製造業、建設機械のレンタル業、地質コンサル業、ハウスメーカー等々、お名刺をいただいた方の中には、旧知の中のように打解けて関西における地質屋さん・地質コンサル屋さんの現状をお話をしていただいたり・説明を聞いていただいた方、代理店のお話、海外輸出のお話をいただいた方、2年前にイタリアを旅行した時傾いたピサの斜塔を見てきたよ、とお話をいただいた方など本当にありがたい3日間でした。

 ここで、少し地質屋の話をさせてください。11月のときにも同じような話をブログに載せましたが、関西でも同様の話が多く聞かれ、残念に思っています。
 
 というのは、一つは調査器の信頼性です。スウェーデン式サウンディング器の調査結果が余りにも信用性に欠ける、との批判でした。土質試料が採取できないのだから、今の時点では仕方のない結果かもしれませんね。
 もう一つは、安値受注です。競争が激化している中で地質コンサルが低価格で受注し、数社の下請けの地質屋さんに打診すると、A社よりB社が価格を下げる、次回にはA社が価格を下げる。中には社員の給料が払えればよいという考えで価格を下げているとも言う。これの繰り返しで調査屋さんの調査価格は、いまや底値を割ってしまっている、と嘆いているようです。地質コンサル屋さんは、安くてもどこかの下請け会社がやってくれるといっているようです。安ければどこかで鉛筆を舐めなければ採算が取れなくなってしまう。だから信頼性に欠ける調査結果で良い、ということにはなりません。地質コンサル屋さんの受注に問題があるとの投げかけでした。
 こんな地質調査の仕組みで良いんでしょうか?お客様に信頼される調査結果を提供する必要があるのではないでしょうか?地質屋として、また技術屋としてプライドを持って、信頼される調査結果を提供したいですね。・・・・この問題に対して、どなたかご意見をいただけませんか?

 弊社は、皆様方から頂いた貴重なご意見を取り入れ、また民間・公共に係らずさらにデータ収集に努め、今後もなお一層皆様方に信頼される調査機・調査屋を目指していきたい、と考えております。ご指導をお願い致します。
 もしよろしければ、弊社の方から貴社に出向いてデモをしたいと考えています。ご連絡を頂ければ幸いです。

 
 大阪といえば、「たこ焼」に「いか焼き」、「くし焼き」、「カレー」・・・に代表されるいわゆる【粉文化】だよね。総合展を明日に控え、マンガ「おいしんぼ」で紹介されたたこ焼の「会津屋」で、総合展の成功を祈念してビールで乾杯をし、会津屋のお兄ちゃんに紹介されたいか焼きの「桃谷いかやき屋」等の粉文化も堪能してきました。山梨とちょっと違った美味しい粉文化に触れることが出来、これも一つの収穫でした。

SANY0391.JPG        SANY0387.JPG          中央セミナー会場                    開場前の弊社ブース

SANY0386.JPG        SANY0395.JPG          開場前の弊社ブース                  商談OK?

SANY0379.JPG        SANY0380.JPG          天保山からインテックス付近夜景  

SANY0408.JPG        SANY0416.JPG          多くの魚を引き連れたジンベイザメ          愛嬌のある動きのスナメリ(海遊館)

Calendar
<< December 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
search this site.
tags
archives
others
admin