春遠からじ

春遠からじ
 2月11日には、今年に入って始めての大雪(?)で、思わぬ雪中の盆栽に癒される風景を見させてもらいました。
 まだまだ寒い日が続き、もう一度くらい雪を見なければならないかと思っていましたが、自然は正直ですね。「マンサク」の盆栽の花芽は早くもほころび始めていました。また気が付くと「サンシュウ」や「アケビ」の盆栽をはじめ、「カリン」の新芽が膨らみ始めていました。

SANY0251.JPG SANY0253.JPG
 左:マンサクの花芽、
 右:サンシュウの新芽

 江戸の風流人が、誰よりも逸早く、寒い冬の最中に微かな春の気配を感じ取るアイテムとして、手元の盆栽を愛で、花を飾り花の香りを楽しんだのではないだろうか?私も現在の風流人をまねして、しばしの間、盆栽を眺めていましたが、仕事のことが頭を駆け巡り、煩悩の整理が付きません。まだまだ人間的に、心に余裕が欲しいなあ、と感じます。

 一つ一つの仕事に、より良い提案をしながら良い仕事をして行きたい、などと考えていてはだめだね。もっと集中して、切替をして・・・・春の来るのを待つことにします。春よ来い。早く来い。

Calendar
<< December 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
search this site.
tags
archives
others
admin